紫外線は肌に悪いといわれていますが、これは本当のことです。 強い紫外線を浴び続けることにより、ニキビやシミ、シワといった肌トラブルを引き起こすリスクが高くなります。 若い頃は、大量の紫外線を毎日浴びても、肌の再生能力が高いので、肌トラブルを起こすことはあまりありません。 でも、年齢を重ねると徐々に肌の再生能力が低下してしまうため、非常に危険です。 また、若い頃に浴びた紫外線の影響が、30代や40代になって現われることもあるので、できれば10代から気をつけるのが理想でしょう。 では、紫外線対策をしようと思った場合、どういったことを行えば良いのでしょうか? 代表的な紫外線対策は、以下のようなものです。 ・日焼け止めクリームを塗る ・日傘や帽子の使用 ・UVカット加工のメガネの使用 まず、日焼け止めクリームを塗ることで紫外線を大幅にカットできます。 日焼け止めクリームというと夏のイメージがありますが、他の季節でも日差しの強い日は使用するようにしてください。 また、日傘や帽子を使用することで紫外線を遮ることができますし、目の周りにシミを作らないためにもUVカット加工のメガネを使うのがオススメです。